モードとは? ドラマーも知ってるといいかも。

音楽制作

ドラムは、コードなどの音楽理論は、あまり知らなくても叩けてしまうので、今まで勉強してこなかったのですが、より音楽を楽しむためには知っていたほうが良いと思い、少しずつ勉強を始めました。

この記事では、モードについて勉強したことをご紹介します。

七つのモード

Cメジャースケールは、鍵盤の白鍵だけで構成されていて、別の音からスタートすると合計7つのスケールが作れます。

これをモードといいます。

7つのスケールは、そのまま白鍵を一つずつずらせばよいのですが、どこからスタートするかで、音同士のインターバルが変わります。

例えばC(ド)から始まった場合と、D(レ)から始まった場合を比べると、

  • Cスタート(全・全・半・全・全・全・半)
  • Dスタート(全・半・全・全・全・半・全)

このように、全音と半音の並び方が異なるスケールになります。

以下にCメジャースケールのの構成音からできるモードをまとめます。

C イオニアン(Ionian)   

・半・・半)

D ドリアン  (Dorian)    

・半・・半・

E フリジアン (Phrygian)  

(半・・半・

F リディアン (Lydian)   

・半・・半)

G ミクソリディアン(Mixolydian)

・半・・半・

A エオリアン (Aeolian)   

・半・・半・

B ロクリアン (Locrian)   

(半・・半・

このようにそれぞれ音楽的な特徴をもつ7つのモードが作られます。

Cのモード

スケールのスタートを一つずつずらして、7つモードを確認しましたが、これらのモードを「C」スタートにまとめると以下のようになります。

こうしてみると、イオニアンを基本として、どの音がフラット、またはシャープするとそれぞれのモードになるのかがわかりやすいです。

そして、これらのモードは、光のように明るさでも例えることができます。

Cイオニアンの4度のFを半音上げると、リディアンモードになります。

Cイオニアンの7度のBを半音下げると、ミクソリディアン。

さらに、3度のEも半音下げると、ドリアン。

6度のAも半音下げると、エオリアン。

2度のDも半音下げると、フリジアン。

5度のGも半音下げると、ロクリアンモードになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました