ポリリズム 脱ドラム初心者

ドラム

ポリリズムとは、複数の異なるリズムを重ねた複合リズムのことです。

簡単にいうと、例えば4拍子の曲の中で、3拍子で一回りするフレーズを演奏することです。

4拍上に、3拍がのりますので、4拍子でカウントした場合、3拍フレーズのアタマが一つずつズレていき、4×3=12となりますので、4拍子で一小節とすると、三小節で一回りすることになります。

ポリリズムは、安定的に進むリズムに対して、突然、心臓の鼓動が速くなるようなスピード感とスリリングな感覚を加えるものです。

3拍フレーズを叩いてみよう

「タタンタタンタタンタタンタタンタ…」と三拍目で一回りして、最後の四拍目でアタマのフレーズに戻る形になります。

この3拍フレーズは、下の楽譜のように「タタンタタン」というリズムなので、一つだけだと厳密には1拍半フレーズですが、二つでひとまとまりとすると、3拍フレーズになります。

3拍フレーズを体得する

3拍フレーズを使いこなすには、3拍フレーズを歌いつつも、4拍子で進む曲も同時に感じるという練習が必要になります。

そこで、どのような構造になっているか確認してみましょう。

この3拍フレーズが解決するまで、叩きつづけると4拍子アタマがそれぞれ異なるリズムからスタートすることになります。

すべて書き出すと、以下の3つのフレーズで出来ていることが分かります。

3拍フレーズを体得するためには、まず、それぞれのフレーズを4カウントを口に出しながら叩き、移り行く小節のどアタマの形を覚えていくことが大切です。

それから足踏みで4拍子を叩きながら3拍フレーズを歌いながら叩いてみましょう。

さらに4拍子の曲を聴きながら叩いて、どこから始めても、どアタマのシンバルに戻れるように練習するのも良いです。

アクセントでつくった3拍フレーズ

今度は、アクセントを使った3拍フレーズです。

このフレーズは、16分音符6つでひと塊になっているもので前述したものと似た形です。

これもやはり、3×4=12で12拍で、4拍進行のリズムのどアタマに戻ります。

「タッッタ」と「タンタン」と「ッタタン」と分解して考えて、前述の練習方法と同じように取り組んでください。

体得するには、とにかく練習あるのみです。

最後までご覧いただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました