片手16ビートで遊ぶ 脱ドラム初心者

ドラム

片手でハイハットを「チキチキチキチキ」と16分音符で刻みながら、1・3拍目にバスドラム、2・4拍目にスネアを叩くと16ビートの形は完成です。

結構、シンプルですね。できると気持ちいいし、カッコいいですよ。

16ビートのノリは、16分音符の裏の音を口ずさみ感じながら、一番最後の音を1拍目に行く推進力とするように「ンタッンアッ・ンタッンアッとやると生まれます。

6つのリズムパターンを16ノリで叩いてみましょう。

片手16ビートの基本形

速いテンポの場合、ハイハットはアップダウン奏法で行うのが一般的ですが、まだ、できなければスティックの先で「チチチチ」と叩いても良いと思います。

ハイハットは、小さめの音量のほうがスマートな感じで心地よいと思います。

裏を歌う

前述したように16ビートのノリは、16分音符の一番最後を1拍目にいく推進力にするように感じながら叩くと生まれます。

バーナード・パーディの教則ビデオが参考になると思います。

裏拍を感じるというのは、例えばバスドラムを「ドン」と叩くときに、裏拍から「アドン」という風に叩くと感じがつかめると思います。

裏を口ずさみながら身体でうねりを出しつつ、いろんなパターンを練習することで、16ビートが体に浸透していくと思います。

16ビートのいろんなパターン

裏に8分音符でも16ビートで

4拍目の裏に、8分音符のバスドラムを入れたパターンです。

8分音符のキックでも、16の裏を感じるように叩きます。

ファンク・ヒップホップ定番その一

ファンク・ヒップホップなどで、良くでてくるパターンです。

16分音符の裏のキック(バスドラム)が初めのうちは難しく感じるかもしれません。

これを基本に様々なバリエーションが作れますので、是非マスターしてください。

ファンク・ヒップホップ定番その二

2拍目の16裏から3拍目の8分音符、4拍目のスネアの後すぐキックと連続で叩くパターンです。

2・3・4拍目の「タッッド・ウンドン・タドンッッ」からド頭の「ドン」をつなげて感じると、16ビートのうねりプラス、さらに大きなうねりが表現できます。

これは2拍目以降、バスドラムが16分音符3つ分の間で連続するので、四つで廻っているところに、三つのアクセントがきて、加速感がつくからだと思います。

また、スネア後すぐのキックは、バスっと止めて、一瞬、沈黙の間をつくるのにも良いです。

ファンク・ヒップホップ定番その三

口ドラムだと「ドンドンタンッド・ッカドッタンッカ」という、オーソドックスなファンク・ヒップホップのパターンです。

特にアップダウン奏法でハイハットを叩くとき、はじめは16分音符の裏のスネアが入れにくく感じると思います。

でも、練習あるのみ。

ファンク・ヒップホップ定番その四

前のパターンのスネア部分をキックにしました。

スネアが2・4拍で気持ちよく落ちながらも、バスドラムの低音がクールに土台をキープしている感じでカッコいいです。

初めのうちは、3拍目のキック二発がうまくできないかもしれませんが、これも練習あるのみです。

二拍目の最後の16分音符裏のキックとセットで「ウドウドドン」と感じるとやりやすいかもしれないです。

これは16分音符分ずらしオモテにすると、「ドンドド」と同じ形になります。

一番最後の16分音符裏のキックからド頭にかけても、キック二発が入っています。

練習として「ドンッドドンッド」といったサンバのリズム(通称サンバキック)をやってみると感じがつかめると思います。

まとめ

いろんなパターンが作れますが、肝心なのは16ビートのフィールをキープすることです。

ただ形だけ叩くのではなく、16分音符の裏を口ずさみながら楽しんで演奏してみましょう。

最後までご覧いただきありがとうございます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました