初心者のためのドラムスティックの振り方

ドラム

主に手首を中心に指、肘も柔軟に使って振り下ろしましょう。

各ストロークによって、スタートからフィニッシュのポジションが変わります。

それでは、一つずつ見ていきましょう!!

基本となる二つのポジション

ハイポジション

スティックの角度が打面に対して、約90度ぐらい位置

ローポジション

打面から5cmほど離れた位置で、角度はほぼ打面と平行の位置

フルストローク

ハイポジションからスタートし打った後、すぐに元のハイポジションまで戻るストロークをフルストロークと呼びます。

「一つ打ち」「シングルストローク」とも呼ばれ、スティックコントロールの基本中の基本です。

同じ軌道で元の位置に戻るように練習しましょう。

ダウンストローク

ハイポジションからスタートし打った後、ローポジションに残る振り方になります。

主にアクセントの後、すぐに小さな音を叩くときに使います。

タップストローク

ローポジションから振り下ろすことで、小さな音を出すためのストロークです。

アクセント以外の音量を、しっかりコントロールできることがメリハリのあるドラミングには大切です。

アップストローク

ローポジションから、小さな音を打って、すぐにハイポジションまで振り上げ、次に備えるストロークです。

アクセントの練習

「>」のところを大きく、それ以外は小さく叩きましょう。

右手のみ、左手のみ、右手スタートで交互打ち、左手スタートで交互打ちをそれぞれメトロノームをガイドにして行いましょう。

1~10個のパターンを一つずつ繰り返したり、好きなパターンを2個~4個ピックアップし、つなげて叩くこともとても練習になります。

ダウンストローク、アップストローク、タップストロークを駆使して、メリハリのあるリズムを叩いて楽しみましょう!!

コメント

タイトルとURLをコピーしました