ドラムスティックの持ち方

ドラム

スティックの持ち方には、主にマッチドグリップとレギュラーグリップがありますが、

ここでは、マッチドグリップのバリエーションについて解説していきます。

親指と人差し指でつかむグリップ

主に親指と人差し指で挟み、他の指は軽く包むようにスティックを握り、適宜、開いたり閉じたりすることで、スティックのバウンドをコントロールする持ち方です。

一般的なグリップで、とりあえずこの持ち方で大丈夫だと思います。

生ドラムでバコバコ叩きまくると初めのころは、スティックを挟んでいる親指と人差し指の皮がペロッとめくれ、痛々しい状態になりますが、それも一皮剥ければ丈夫で硬い皮膚になります。

中指と親指で主につかむグリップ

スティックのバウンドをコントロールしやすいグリップで、ロールがやりやすいグリップです。

グリップ方法はその都度、用いるテクニックで変えるのが普通なので、前述の親指と人差し指で挟む方法でうまくできないものも、このグリップでは、比較的やりやすくなったりします。

主に小指でつかむグリップ

実はものを握るという動作は、小指を中心に行うと安定感もあり、且つ肩の力も抜けて、叩く動作の無駄な力みがなくなり、腕の重さを使ったパワフルなドラム演奏が可能になります。

話によると、レッドツェッペリンのドラマーであるジョン・ボーナムもこのグリップを多用していたとか。

スネアでバックビートを叩くのに適したグリップであると思います。

まとめ

これらの3種類のグリップを習得することで、力みのない柔軟且つパワフルなドラム演奏が可能になります。

はじめは各グリップを限定して、練習してみてください。次第に自動的に各グリップを使えるようになります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました